飲食店経営を成功させる為に重要な3つのマインドセット

飲食開業失敗

皆さんこんにちは! 執筆者サスケです。

前回は独立開業する為の最初のステップとして、副業からスタートすると良いというお話をしました。まずは小さく初めてみるという事です。

自分がもしこれをやっていたらお店を潰さずに済んだのかもしれません。

ただ私の場合遅かれ早かれお店は潰れていたでしょう。

何故なら独立開業に必要なマインドセットを持ち合わせていなかったからです。

飲食店経営を成功させる為に重要な3つのマインドセット

前回もお話しましたが、きほん独立開業、特に飲食店はまず失敗します。

ですのでやめた方がいいです。

ただどうしてもチャレンジしたいという方は一度やってみたらいいと思います。

チャレンジ精神は大事ですからね!

そして私がお伝えする3つのマインドセットを参考にしてみて下さい。

あっ、でも独立資金が豊富にある方はこの記事は刺さらないと思いますので悪しからず。

マインドセットとは自分の気持ち(心構え)根っこの部分です。またそれに伴う行動がセットになり始めて起動する心のエンジンとってもいいでしょう。

今までの人生経験、生まれ育った環境など一人一人形成される思考様式は違いますが、なぜこんなに多くの人たちが失敗に終わるのか?

実際にやってみた自分が力不足を実感するのですが、当時の私のマインドセットがこれです。

・自由にやりたい、人に束縛されるのが嫌い。
・独立開業に憧れている。
・自分の調理技術に自信がある。
・いまの会社が嫌でもう半分辞めたいから。

こんな感じでまぁ潰しましたね、必然でした。

要は逃げたんですね、現実から。

その後人生経験を積んでようやく分かりました。

私がもう一度開業する場合確実にこれを実践します。

一番大切な飲食開業に必要なマインドセットというのは、この部分です。

  1. 会社を辞めてはいけない➡精神的にゆとりをもって取り組める
  2. 借り入れはしない➡まずは自己資金の範囲でやって反応をみる
  3. 副業としての期間は1年間➡手ごたえを感じたら改めて独立開業として動き出す

会社を辞めてはいけない

まずは小さく始めるという事を言いました。

会社にいながら週末起業で、まずは反応を見てみましょう。

会社を辞めずに週末起業?
仕事しながら二足の草鞋を履くなんて無理だよ!

みんな言います。

しかしここのステップを踏むと開業してすぐにお店を起動に乗せられる可能性もあるのです。

この副業からスタートするメリットはかなり大きいと思います。

  • 週末起業で自分の力量を図れる(実際にオペレーションを体験出来る)
  • 店のコンセプトや参入市場、顧客、自分の強みなど発見が出来る
  • 本業で収入を確保している事で精神的にゆとりがもてる。

多くの人はまず会社を辞めてしまいます。気持ちが先に先に行っていますから冷静な判断が出来ていないかもしれません。

海の妖精ayane
海の妖精ayane

そう言っている間にも日本のどこかでまた一人、開業する為に会社を辞めてしまいました。大丈夫かな?

だから言わんこっちゃない

サスケ
サスケ

大丈夫じゃないよ!スタート直後は気合で乗り切れるかもしれないけど数か月もすると、徐々に体力が消耗し、そして売上が一向に伸びなければ、次に精神がやられていくんだ。

家族で切り盛りしていれば、この悲惨な状態でお互いが何となくギスギスしてくるのです。

  • 借金を返さなければならない
  • 売り上げが予測と全く異なる
  • 身体が悲鳴をあげてくる
  • 経済状況の悪化で家族と不仲
  • 訳の分からないコンサル業者に騙されなけなしの金をとられる

こんな状況を回避するためにも、まずは会社を辞めずに週末起業でやってみて、反応を見て手ごたえを感じたなら次のステップへ進めていけばいいのです。

本業で収入源があるからこそ取り組める、この安心感が実は強いモチベーションになるのです。

借り入れはしない

先がどうなるかも分からないのにお金を借りてまでやるべきではありません。

何度も言っていますが、基本飲食店はほとんど潰れています。

お金を借りないと商売が始められない、というのであれば開業はするべきではありません。

そのご縁がなかったということです。

開業に向けた自己資金も貯めてこられたと思いますが、ここはマインドセットをしっかりと遂行して貯金の一部で始めることです。

もし上手くいかなかった場合でも借金が無ければいくらでも次のチャンスを狙えます。

とにかくドカンと借り入れを行ってしまい立派なハコだけ作ってしまうと(私の事)あとがどうにもなりません。

最初は借りないことです。

借りることを否定するつもりはありませんが、数百万から1000万を超えるような出店費用ですので、まずは小さく始めて少しづつ大きくしていくことを強くお勧めしています。

副業としての期間は1年間

会社に勤めながら週末起業でコツコツと実践を積み上げてきた結果、いろいろな気づきや店の看板メニューの発見、客層などかなりのデータが集まっているはずです。

この業界の必須項目である新規顧客の集客などは副業からスタートするとある一定の割合でお客もついているはずです。

もしかしたらリピーターなんかも出来ているかもしれません。

またメニュー開発や価格設定、近隣のライバル店なんかも把握出来ている。

ですので本気のスタートがきれるんですね。

やはり実践で鍛えられた結果いろんな戦略が立てられるので物凄く強くなると思います。これがいわゆる商売人の顔といわれる奴です。

1年やってみて考えはどうでしょうか?

まだ独立開業の夢は消えていないですか?

楽しいと感じるのであれば、ここで改めてリアルな独立開業の道へ進めばよいのです。

重要なことはマインドセットを駆使して副業でしっかりと実践を経験したことで、商売としてのスキルを身に着けられたことです。

逆に将来に対してやはり不安だ、会社員のほうが安定してるからそちらへ戻る、という選択もありです。

ここでやらないという決断も出来るのです。

ですので、いきなり本腰を入れてスタートするよりも小さくプチ起業から始めた場合、高額なお金を失うことも避けられます。

まとめ

マインドセット行うのと、行わないとでは開業した時の気持ちが全然違います。

マインドセットをした結果、自分の夢に確実に向かっているという事を実感出来るのです。

一番大きいのは楽しんで仕事ができるという部分です。

私の場合はもうビクビクしていましたし、お客も見ていませんでしたから、勝負になりません。

恐らくこれを読んでいる方の中で開業に向けた取り組みでどうしようかなぁと悩んでいる人もおられると思います。

  • 開業資金
  • 開業の立地
  • 店舗運営について
  • 店のレイアウト
  • 家族への説得

悩みは尽きません。

でも答えはすでにお持ちではありませんか!

独立する為にどんな困難にも立ち向かうという気持ちを

やはりやってみたいんでしょうね!

でも焦ることはないと思います。

本当の幸せは商売を長く続けていくことが一番大切なのですから。

1年後の自分に対して良い結果を導き出す為の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました