チャーハンは健康美容食で最高にコスパがいい理由

雑記

皆さんこんにちは! 執筆者サスケです。

本日は皆さんが好きなチャーハンのお話をしたいと思います。

チャーハンはご飯と玉子だけでも十分美味しいですが、実は様々な具材を追加で入れる事により、かなり健康志向の高い料理に変身させる事が出来ます。

またご飯も昨日の残り飯を使う事が出来るし、家にある余った食材(肉や野菜、使わなくなった食材)を使用できるため、かなりコスパの良いメニューでもあるのです。

チャーハンは健康美容食

皆さんチャーハンのイメージってどのように感じておられますか?

チャーハンの基本材料と言えば、白米、油、チャーシュー、卵、ネギ。中華料理店に行くとこのようなチャーハンを想像すると思います。ただ何となく、油で炒めるせいか、カラダに良くないというイメージを持つ方もいるのではないでしょうか?

しかし、それは大きな誤解。チャーハンにはさまざまな具材と相性が良いため。健康美容飯として楽しむことが可能なんです。まさにほんのひと工夫で劇的に変化します。

チャーハンの具材は無限にあります

基本的に家の冷蔵庫の中に残っているすべての物はチャーハンの具材になり得ます。
今、冷蔵庫の中になにが入っていますか?
とりあえず野菜から探してみましょう!

・昨日の味噌汁に使った残りのホウレンソウ.
・餃子を作る時に使った白菜
・パスタを作った際に使用したナス
・サラダを作る時に買ったレタス

余らせて使わない野菜が残ると、どのように使いきれば良いのか迷います。そんなときにはチャーハンの出番です。傷みやすい野菜なんかもチャーハンの具材には丁度いい感じで使い切ることが可能です。

・カイワレ大根
・にら
・青梗菜
・水菜

こんな傷みやすい野菜もさっと加えれば健康的な食事に早変わりになるのです。

野菜プラス肉で美味しさ倍増チャーハン

次にチャーシューとなるべく肉を入れたいです。こちらも豚肉、鶏肉、牛肉、なんでもよいです。

要はチャーハンを作る時って、家にあるもので作ればいいんです。

・豚肉・鶏肉

・牛肉

・ハム

・ウインナー

・ベーコン

・ちくわ

・ちりめんじゃこ

・シーチキン

・油揚げ

こんな具材なんかをパパっと入れて作れば結構栄養価の高い食事となります。この野菜プラス肉類を組み合わせることで、美味しさとバランスのしっかりとした、献立になるのです。

チャーハンは具材を加える事で、健康食品にかわる

チャーハンはご飯を油で炒めて、刻んだ野菜や肉・卵などを加えて塩やしょうゆ等の調味料で味付けした、言わずと知れた中華料理です。ちなみにご自宅にテフロン加工フライパンはお持ちですか?

これがあれば本当に短時間で美味しいチャーハンを作る事が出来ます。是非作った事がない方はやってみてください。その際はいらない野菜も一緒に入れる事がポイントなんです。

まず野菜がしっかりとれること、例えばチャーハンに余ったレタスとウインナーを入れて作る場合

◇ 1人前の材料 ・玉子1個 ・ご飯150グラムくらい ・レタス入れたいだけ ・ウインナー2本くらい ・オリーブオイル適量 ・塩2つまみ ・味の素1つまみ ・こしょう一振り ・オイスターソース小さじ一杯

①フライパンにオリーブオイルで卵を痛める・昨日の余りご飯をチンしてフライパンに入れ玉子と一緒にいためていく

②適当にちぎったレタスとウインナーをいれて、刻み葱も投入

➂塩、コショウ、オイスターソース、醤油をいれて味付けする

これは炭水化物に食物繊維を足すことでも血糖値の上昇を抑えられます。特にレタスとご飯の相性が良いためです。また油の代わりにオリーブオイルを使用することで、脂質を大幅に抑える事が出来ます。

このように、足りない栄養素であるたんぱく質、ビタミン・ミネラル、食物繊維などを野菜類から取れる為、具沢山チャーハンはむしろ栄養価の高いバランスのとれた食品と言えるのです。

これは白米だけをとるとモロに糖質の接種となるため、血糖値が上がりやすくなる傾向があります。むしろ、カロリーを入れた油脂やタンパク質は積極的に摂ったほうが、血糖値の上昇にブレーキをかけることにつながります。

ダイエットの敵は糖質

一般的にダイエットをされている方の食事制限とは確実に糖質を抑える事を意味します。この糖質を制限することで体質は変わるという事です。しかし、食事制限をしていても痩せにくい体質の人もいるし、太りやすい体質になってしまう場合もあるのです。下手をするとリバウンドの可能性も高まります。

これにはタンパク質を適度にいれて糖質になる食事に圧力をかけるやり方が良いと思います。

皆さんご飯のカロリーって気になりますか?

茶わん1杯のご飯(約150g)あたりだと、252kcalです。
これに対し、同じ主食として定番の食パン1枚(6枚切り/60g)のカロリーは156kcal。ご飯1杯の方が高カロリーですね。

それでご飯を食べないで、パンとか、豆腐とか、もずく、ところてん?やバナナとか何だかテレビでやっているような事を真似してみたりする訳です。こんな感じのメニューを3回やったところで、ダイエットは続くわけがありません。

これ違いますね!

1日に1回主食となるべく物をガツンと取り入れるとか重要になるのです。何故なら・・

ダイエットは続けることが一番のキモとなる為です!

むしろたんぱく質を1日に1回とるようにした方がいいです(自分の経験値)たんぱく質のメインは肉類です(鳥肉、豚肉、牛肉)これを1日の夜に取り入れる。私の場合は夜に炭水化物とタンパク質を取るようにしています。

ちなみにわたしの1日の食事メニューですが

朝 コーヒー

昼 かけうどん、ヤクルト、チーズ

夜 具沢山チャーハン(野菜、肉入り)味噌汁、適当なおかず、デザート

朝、昼と軽い食事が多いです。私の場合夜にガッツリ食べています。それこそチャーハンの具に色々な物を加えて。作るのも楽しいですし何より美味しいから良く作っています。

ダイエットには適度なたんぱく質をとると良い

パン1つで我慢しよう、と意気込んだはいいが、結局我慢できずにパン+カップラーメン+大福になってしまった。こんな経験された方もいるのではないでしょうか?

炭水化物ダイエットの出現によりカロリーの事ばかりがスポットを浴びていますが、やはりパン1つだと満腹感を得られませんし(これが良くありません)、むしろパンを食べたことにより、食欲が増してしまうといった現象が起こります。

それなら最初から鶏肉(脂身は取り除いて下さい)と小松菜入りチャーハンの方がよっぽど栄養価もあるし美味しいし、満腹感も得られます。

またタンパク質を主成分とするプロテインを飲むという方法。こちらも満腹感も得られて食欲も抑えられます。ですので、タンパク質を適量入れる事がダイエットを継続させるポイントになります。

チャーハンはコスパも最高!

家で作ったチャーハンはメチャクチャコスパにも優れています。何しろ家にある食材で作れば良いわけですから。あと調味料ですが、塩、コショウ、味の素(少量)、醤油くらいで問題ありません。

よくチャーハン専用の調味料とかありますよね?香味ペーストとか・・

ああいうの高いし、やはり化学調味料が多く入っているのであまりお勧めは致しません。チャーハンに入れる具材からも味が出ますからなるべくシンプルにした方が良いと思います。

余り飯、余った具材、余った具材で作る味噌汁。かなり安く作れるのではないでしょうか?あまったお金で、食後にデザートなんか付けられるし、絶対うまいし、オススメですよ!

それでいて冷蔵庫の整理も出来る。まさに一石二鳥の大満足にメニューこそ具沢山入りチャーハンなのであります。

まとめ

お店でチャーハンって注文したことありますか?

私の場合最近ですと、もう何年前かに食べたくらいですかね・・

やはりお店で食べるとコスパが高い商品なんです。何故なら、お店の場合かなり手間がかかる事で、価格を上げるしかないんです。しかもコスパが悪いもう一つの理由は具材がほとんど統一されていますよね。

玉子、ネギ、チャーシュー、ナルト、紅しょうが・・・どこに行ってもこんな感じです。

確かに味は美味しいと思いますが、ご自宅で作ればチャーハンは健康美容食品に変える事が出来ます。調味料なども自分で選択できますし。とにかく色々な野菜を加える事でもっと多くのひとに食べてもらいたいんです。

玉子とご飯を炒めて肉、野菜を入れるだけですので非常に簡単に作る事が出来ます。またチャーハンのレパートリーは限りなくありますので、今日は何を入れようか?と楽しみながら出来る料理です。皆さん是非一度やってみてください。感動すると思います。

最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました