ワーキングホリデー体験記、バンクーバーでプロレスラー、ジョン・テンタに会ったこと

カナダ

皆さん仕事お疲れ様です!

私は過去にワーキングホリデー制度を利用してカナダのバンクーバーに行っていた時期がありました。(1990~1992)

あれから時が過ぎ、たまにふと思い出したりしますが、ホントに行って良かったと思います。

それで、またバンクーバーにいた頃の話をさせていただきます。

今回ですがなんとプロレスの話です。実は私、大のプロレスファンでして、日本の大相撲の力士からプロレスに転向されたジョン・テンタについて語りたいと思います。

ワーキングホリデーカナダで最高の思い出、プロレスラージョンテンタに会う

時は1990年です。その年のWWFバンクーバー興行を見に行った時のお話です。※現在はWWEに変更

WWFと言えばビンス・マクマホンで、彼は全米進出によるプロレス界の統一を計画。そして成功させた人物として有名です。

その立役者がハルクホーガンでした。そんな時代に日本の皆さんジョンテンタという大相撲からプロレスに転向された方がいたのですが、ご存じでしょうか?

ジョンテンタはバンクーバーの出身(ブリティッシュコロンビア州)です

プロレスファンなら知らない人はいないと思うのですが、この方1990年代にアメリカのWWFに所属してトップファイターとして戦っていたのです。

あの北尾光司と対戦した際、北尾がテンタに向かって「八百長野郎この野郎!!八百長ばっかりやりやがって!」と発言したことは有名ですよね。

私が中学生のころたまたまテレビを見ていた時にテンタが大相撲、佐渡ヶ嶽部屋に入門したことが紹介されていたんです。琴天太のしこ名で1985年11月場所にて初土俵しています。

白人力士でしたので妙に印象が残っていましたが、その後廃業しプロレスの道に進んだわけです。プロレスの世界に入ったという事で、期待して見守っていました。

全日本の時に数回見に行った事がありましたが、前座でしっかりと下積みを経験されていました。

いわゆる苦労人だと思います。なんかもの凄く真面目な人だと思います。

彼は日本のプロレスの基礎をしっかりと学んだことで1989年よりWWFに参戦し、アースクエイクEarthquake)のリングネームで大活躍するのです。

相撲出身でプロレスに転向されている元力士は結構いますが断トツに成功された方だと思います。

そんなWWFがバンクーバーにやってくるというので久しぶりにワクワクしましたね。

海外でプロレス観戦は初めて、しかもハルクホーガンとジョンテンタに会えるという事で当日はもう興奮しまくりました。

ホーガンの実物を見るのも、もう最後だと思い、しっかりと目に焼き付けようと。

ファイナルでなんと ホーガンVSテンタ のメインイベントです!

席もかなり前の方で試合会場はお客であふれ熱気も凄かったです。そんな中、出場選手をみてびっくりしたんですね。

あれっ ザ・ロードウォーリアーズがいるんだけど・・

まさかあのロードウォーリアーズがバンクーバーに来ているとは思ってもみませんでした。

当時はWWFのメンバーとかよく分っておらずとりあえず会場に来たという感じでした。

パンフレットをよく見たらもの凄いメンバーが会場に来てるじゃないですか!

WWFの多くの選手は日本に来てレベルアップしている

当日の出場選手をみたら日本のファンは泣いて喜ぶんじゃないでしょうか?

・ リッキー・スティムボート
・ ジミースヌーカー

・ サージャントスローター
・ テッドデビアス
・ ザ・ロードウォーリアーズ

※他にも選手はいましたが、このメンバーだけは強烈に覚えていました。

これらの選手はすべて全日本に来日経験があり、ジャンボ鶴田や天龍、ジャイアント馬場らのトップファイターと試合をしています。

もともと力のある選手たち。それが日本の「プロレス大国」でさらに技術、経験、場数も踏んで世界で戦っているんですから、それはもうWWFは最強集団になりますよね、すごい勢いがありました。

しかも向こうの選手はエンターテインメントも凄い!マイクパフォーマンスを含めて当時のWWF興行はもう全米のプロレス人気に拍車をかけたのです。

会場での凄い熱気を見ればそのすごさが分かります。

ハルクホーガンVSジョンテンタ 凄すぎる!

圧倒的なカリスマ性と強さを兼ね備えたホーガンですが、テンタとの試合は五分五分でむしろテンタの方が試合を有利に進めていました。

地元バンクーバーでテンタは本当に伸び伸びと輝いていたんです。試合結果はノーコンテストで引き分けだったと思います。

相撲で苦労して彼はたった一人でここまでのし上がった。

かれこれ30年ぐらい前ですが未だに自分の中ではベストバウトです。
試合の翌日、バンクーバーサンという地元新聞のトップで紹介されていました。

最後は観客の待ちに待ったハルクホーガンのパフォーマンス。四方に耳を傾け、マッスルポーズを連発、間違いなくプロレスのレジェンドです。

プロレスの全てを変えた、最高のプロレスラー。

ジョンテンタとハルクホーガンを見れたという事実に今でも身震いするほどです。

本当に夢のような時間でした。今までプロレスを見てきて最高の思い出となりました。

バンクーバーでの体験は自分にとって誇れることです

ワーキングホリデー制度を使ってカナダに行くという選択は、その後人生に大きな影響を与えてくれました。自分が飛行機に乗って海外に行くことなどこれっぽっちも思わなかった人間でしたので。

人生何が起こるか分かりませんね。

外国で学んでみたいのなら、ワーキングホリデーお勧めです!

私の場合はやってみて、とても良かったと思っています。

ワーキングホリデーを経験して今思う事

私の場合は【英語を学ぶため】に行ったわけではありません。兄がたまたまこちらに住んでいたため遊びに行き、この街が気に入ったからです。

帰国後の仕事探しはまたゼロからのスタートでした。

自分が違う環境に入りさまざまな国の人達と交流することができ、それだけでもだいぶ価値観はかわりました。

仕事にもかなり良い影響を与えてくれました。

言葉はただのツールに過ぎません。

コミュニケーションとして最低限使いこなせれば世界中を旅することも出来ます。

自分はワーキングホリデーを体験してこんな度胸だけですが身につけることが出来ました。

とにかく現地にはいってみる

ワーキングホリデーに行く前は不安や心配事などあるかとは思います。ただセミナーやコンサル、お金を払ってまでサポートを受けることは事はやめた方がいいですよ。

そんなことに時間を使うのではなく、観光にでも行って下見をするなり実際に現地に入り直接見た方がよっぽどいいと思います。私が行った時と状況は違うとは思いますが、やはり自分自身で行動していく、という事が必要だと思います。

最後に

1989年。まだテンタが全日本にいたとき群馬県太田市の試合を観戦中、途中で抜け出したと思うんですけどミスタードーナツに偶然彼がいたんですよ。

私は真っ先に駆け寄って握手を求めたんです。

すぐにテンタが大きな手を出して返してくれました。その表情は穏やかで優しさを感じる事が出来きて涙が出るほど感動しました。

ずっと忘れることはないと思います。

ご冥福をお祈り申し上げます。


敬老の日 ギフト 人気のお取り寄せスイーツ 天空のチーズケーキ スフレ チーズケーキ プレゼント ランキング上位 送料無料 フォチェッタ

コメント

タイトルとURLをコピーしました