一度はやってみたら?新聞配達の知られざる魅力

新聞

こんにちは! 執筆者サスケです。

今回は新聞配達の魅力について少し触れてみたいと思います。

以外と知られていない部分も多いと思います。新聞配達は大変ですが、メリットもあります。そんな新聞配達の事について少しご紹介させていただきます。

一度はやってみたら!新聞配達の知られざる魅力

 

この業界に入ってくる人達の大半はお金にまつわる問題を抱えてくる人達が多いです。

私の場合多額の借金を抱えていました。

店の家賃が払えない
住宅ローンが払えない

首が回らなくなってきた。どうしよう・・・

「こりゃ新聞でも配るしかないか・・」

と自分の中の禁断のパンドラの箱を開けることにしたのです。

掛け持ちの仕事を探している人に

昼間の仕事だけでなく夜中に睡眠時間を削って新聞配達を始めました。これだけで月に20万くらいの収入になりましたので(2006年当時)かなり助かりました。

やはり物理的に大変でしたがこうでもするしか方法はありませんでした。(人間尻に火が付くとできるものですね)そして慣れてくるとだんだんこの仕事の魅力も見えてくるようになります。

ただ当時は本当に周りを見渡す余裕などはなく自分の事だけ集中していたので、ハッキリいって新聞販売店の中身などどうでもいい事でした。

住み込み可能というメリットもある

比較的に住むところとセットで職を探している人達の駆け込み寺が新聞業界

販売店によっては「住込み可」の案件が結構あります。住居付きの仕事を探している方にとって新聞配達は比較的受け入れは多いです。ですので、駆け込みで入ってくる人達も相談に乗ってくれます。

パチンコ店や製造業、工場、地方の宿泊施設、調べれば寮完備のところがあると思いますが、住居にお困りの方は検討する余地はあると思います。

やってみたら意外と楽だった

みんなから毛嫌いされる新聞配達、そんな仕事ですが、やってみて気づく部分がありました。それはやってみたら意外とラクだったことでした。

メリットその① 運動したい人にお勧め

走ったり体を動かすことが好きな人に合っています。痩せられるし健康に良い事です。 これ半強制みたいなものですから嫌でも身体を動かすことになります。ただ歩いて配っても問題ないのでそれほどハードワークではないですね。しかもお金までもらえる。

 

メリットその② バイクに乗る事が好き

基本バイクでの稼働ですのでバイクに乗る事が好き、バイクをいじるのが好きいう人でしたら、合う可能性が高い。むしろ簡単な作業という見方もできます。朝誰もいない道を走るのも意外と楽しいですし。

 

メリットその③ 人と関わらなくてよい

職場で一番ややこしくなったり、嫌になるのはほぼ人間関係です。

その点この仕事は誰かに気を使ったりは全くありません。自分の作業だけに集中出来ます。外に出たらひたすら自分だけの世界になるわけですので。気楽なのがが良いという部分です。これ皆さんがあまり気づいていない大きなメリットです。

 

メリットその④ 時間を大切にする人には圧倒的にオススメ

この仕事の最大のメリットです。これは大袈裟に言うと拘束時間という形がないことです。例えば喫茶店のウェイターの場合、

朝9時~午後3時の6時間で時給900円の場合 日給は5400円になります。
当然ですが、6時間店にかんずめで拘束される。

配達員のおじさん【わし、こういうの嫌い、配達の方が気楽でいいや】

 

新聞配達は時給というくくりはありますが、配達が終了すれば、終わりなんです。この部分がある意味新聞屋の最大の魅力となります。ですから配達員はバイクの運転操作を工夫してロスを無くす努力をしたり、配る道を手直しして、より早く終えるように考えて配達します。

終わったらさっさと帰れる!これがこの仕事のある意味醍醐味なんですね。

こんな感じで本当にシンプルですので人と関わりたくない、身体を動かす事が好き、朝早く起きれる、という人にはうってつけなのではないでしょうか。

ですから、時間を大事にする人には圧倒的にオススメです。

結果としてこの仕事に関して合う、合わないはありますが、もし合うという感覚の人は、新聞配達は慣れると他の仕事と比較すると楽に感じてしまうのです。

新聞配達の難関は朝起きることができるか

 

夜更かしできない

 

新聞配達を始めると生活面での注意が必要です。まず夜中に起きることが出来ない。ほぼ9割くらいの人はこれが出来ずに挫折します。ですので自分の生活習慣を管理しなくてはなりません。

普通の人はまず起きれませんし、すぐに辞めます

この仕事はやはり特殊ですので、自分のように借金返済とか、何か下手を打った、ある程度人生追い込まれて初めて浮き彫りになる業種だと思います。そのため、スタートさせる何か大きなモチベーションが必要かもしれません。

 

雨天時の配達が大変

 

雨が降ると仕事量が増える事です。新聞が濡れないようビニールに入れる手間がかかる。雨がっぱを着て配達をしなければならない。台風や暴風雨の時は本当に嫌ですね。雪が降ると滑ったり溝にハマらないか運転に神経使いますので、疲れも倍増します。

 

精神面で耐えられるか

 

私の場合借金がありましたのでやるしかない状況でした。しかし毎日早朝1時20分には起きる生活が続きます。しかもそれが毎日続くのです。

ただ何となくお金の為にという理由だけですとやはり普通の人は途中で考えます。

「俺、何やってんだろう」

皆が通る道ですね。

これがクリアできれば結構のんびりやっていけるのではないでしょうか。やはり今の生活を立て直したい、失敗した自分の人生をリセットさせて新しい環境でやり直したい、という気持ちを持った人間が心機一転で飛び込んでくる世界なのです。

まとめ

 

新聞配達なんて自分には関係ないと思っている方もこの先どうなるか分からない時代です。もし本当にヤバイ状況(金銭面で)になった場合。もしかしたら仕方なく始めるかもしれません。

私の場合1日24時間働くという意気込みでしたので、空いている時間は夜中も仕事という選択肢しかありませんでした。嫌々始めた新聞配達の仕事でした。

しかしやってみると意外と楽で(メリットその④のように)気づきがありましたので、
自分に合っているという発見がありました。

本当に腰掛けで、すぐにでもやめようと思っていた仕事を現在もやっているというのですから人生って本当に何が起こるかわかりませんね。

最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。


スイーツGP グランプリ受賞 即日出荷可特製フルーツの バースデーケーキ 14cm 誕生日ケーキ 誕生日プレゼント フルーツタルト フルーツケーキ チーズケーキ 敬老の日 プレゼント ギフト ケーキ スイーツ お菓子 お取り寄せ 大人 子供 花

コメント

タイトルとURLをコピーしました