飲食店店長は大変でした。店長の役割はリーダーシップを極める事

飲食関係

こんにちは! 執筆者サスケです

普段は新聞配達をしている普通のサラリーマンです。こんな自分ですが、昔は大手飲食店の店長をしていた時期もあったのです。

 

今では良い思い出ですが、当時は大変すぎて逃げ出したい思いでした

 

今回は私が飲食店の店長をしていた時代の話をしていきたいと思います。

飲食店で働く人達を皆さんどう思われますか?

 

忙しそう
キツイのによくやっているな
クレーム処理が大変そう
体力勝負
ブラック
休みなさそう
まかない食べれる
長時間労働
ホールのバイトが可愛い感じ

 

いろいろあると思います。

この業界に入ってくる多くの人は、

・料理を作るのが好き
・接客業が好き
・基本面接で落とされない
・独立志向
・体を動かす仕事が好き
・食べることが好き

こんな項目にいくつかあてはまる人が多いと思います。

そんなモチベーションで入って頑張っているスタッフを支えていく人こそ、お店の店長です。

いきなりですが・・

もっともお店の店長に求められるものですが、ズバリ

 

コミュニケーション能力です。

 

もう総合的にこれが強い店長は長続きしますし、繫盛店も作れます。

店長のコミュニケーション能力が重要な理由

 

コミュニケーション能力が高い店長はリーダーシップがとれる

店長の大きな役割は色々ありますが、基本はお店の総合管理ですよね。

・売り上げを作る
・従業員の管理
・さまざまなクレーム処理
・食材管理、発注、人件費のコントロール
・店舗の美化対策
・コンプライアンス問題、【火災、食中毒、労務管理】の徹底防止
・毎月店長会議の出席

上記の内容はどこの飲食店でも大差はないと思います。

それよりも、実際に売り上げを上げる為に一番重要なのが

  1. 料理のクオリティ
  2. スピーディーな料理の提供
  3. 丁寧な接客業務
  4. 最高のホスピタリティ
  5. お店の雰囲気や活気、笑顔

 

ここの部分をしっかりと行う事で売り上げが決まってきます。

出来る店長はここで人を上手く使っていきます。

 

まず2番手のチーフにある程度権限を与え、お店の管理を任せてしまうのです。そしてさらにホールスタッフも信頼がおける人間をホールリーダーにしてしまいそこにも権限を与えていきます。

権限を与えてあげると人は育ちます。それぞれのスタッフが工夫を凝らして良いお店を作ろうと努力していくわけです。

店長の期待に応えようとしていくので、必然的に強い店舗になってゆきます。

コミュニケーション能力が高い店長はここで頭一つ抜きん出ます。

ダメな店長はなんでも一人で抱え込んでいる

一方でスタッフ受けが悪い店長がいるのも事実です。合わせて記載しておきます。

ダメな店長の特徴

・人に任せられない
・すべて自分でやろうとする
・スタッフをフォローしない(無関心)
・重要な仕事を任せない
・逃げる

とにかくスタッフの意見にも耳を貸さないため、お店の雰囲気もだんだん悪くなってゆきます。来客数減が始まります。

こうゆう店長に限って【言われないと分からない】という人が多いです。要はお店全体が見れていない。考えていないということです。

八方美人な店長、ネガティブな店長、意地悪な店長・・こんな人の下で働くと楽しくないし、当然モチベーションは上がることはありません。

売り上げ不振店の原因は見えずらい部分ではありますが、やはり店長の意識の差の違いだけで、店に対する可能性が大きく左右されることになってしまいます。

結局大手飲食店の店長に求められるスキルは

【人を管理すること】【人間力】

この2つが最も必要なのではないでしょうか

ある意味これに尽きるかもしれません。

今後飲食業に求められる人材とは

 

スタッフは必ず育つ

 

お店にとってパート、スタッフは財産です。

当時の私はそれどころではありませんでした。

自分の事で精一杯でした。

お店は店長を大きな柱として回りがそれを支えてくれます。新人の学生さんが入ってきたら、全員で受け入れて仲間としてしっかりサポートをしていく。

それを経験した下のスタッフはマネをしてまた新しい人を受け入れる。

店長はただ暖かく見守っているだけで大丈夫です。

 

人に任せる

 

これなかなか勇気がいりますよね?

私も自分でやってしまうタイプでしたので、売り上げも伸びなかったのかもしれません。

是非みなさんやって下さい。相手も成長出来る、自分も成長出来る。

スタッフを心から信頼してみるという事です。

必ず育ちます。半年後にはもの凄い戦力になっています。

そのもの凄い戦力が人を育て、また強い人材が育ちます。

やはり飲食業界に今後求められるものとは良い人材を育てること(人材育成)がカギを握るのだと思います。とにかく人が強いとお店も変わっていきます。

スタッフをやる気にさせて全員参加型の楽しくてやりがいのある仕事を作り出すことが出来る店長こそ最強のスペシャリストとして最高の店長ではないのでしょうか。

最後に

 

飲食業はもの凄く大変な世界です。朝から晩まで常に売り上げ目標を達成するべく日々奮闘しています。どこのお店にも一つ一つドラマがありますよね。

将来独立するためにコツコツと経験を重ねていく若い青年たちに多くの期待をしています。また若い人達の料理センスや新しい価値観も今後更なる進化をしていくでしょう。

ましてお店の店長までされているあなた、本当にお疲れ様です。お体には十分に注意してください。店長にもなると色々な悩みがあるかとは思いますが、自分の目標のために精一杯努力してください。

 

最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました