新聞配達員がブログを2か月やってみた感想【やはり誰にも読まれなかった】

ブログ

こんにちは! 執筆者サスケです。

2019年6月よりブログを始めて2か月が経過しました。

始めはどこまで出来るのか不安でしたが少しづつ前に進んでいるような気がしております。今回は2か月が経過した今の心境をお知らせいたします。

新聞屋がブログを2か月やってみて思う事

やはりなかなか大変ですね!人様に読んでいただけるような物でもありませんが、やってみて感じる事が3つあります。初心者さんの場合やはり感じる部分は共通しているようです。

・記事が書けない
・誰にも読まれない
・続かない
いやーホント見事に誰にも読まれないですね!何だか自信がなくなります。
現実を見てみると、やはり理想とは違いました。
まだ月日は経っていないのにこんな状態ですから、続けられるのか不安だけが募ります。しかも自分のブログサイトのチエックの仕方も分かりません!グーグルアナリティクスなどのツールの使い方の事です。
まずもってお話にならないレベルなのですが、自分としてはせっかく始めたブログなので、しぶとくやって行こうと、今は考えているのです。

まずは50記事目標

今のところ20記事前後しか書けていませんので、なるべく早く50記事までにすることが当面の目標です。もうあまり考え過ぎると前に進めなくなってしまいますので。

実際仕事の合間にやっているのですが、集中できない時はもう全く書けないです。また作業の効率も非常に悪く、一つ書くのに5時間も6時間もかかっています。

始める前には収益化を目指すとか意気込んでいましたが恥ずかしいです。

私の場合独学で今まで進めてきて、最近これでいいのかなぁと感じるようになりました。

基本自分の場合、今やっている新聞屋の事、飲食店での経験、事業に失敗して借金まみれになった事、自分の趣味の事(三味線、温泉巡り、ラーメン)くらいしかネタはない為、どこかで静かに沈んでいくのかなぁと少し弱気になっています。

すでに壁にぶち当たっている状態です。やはりそんなに甘い物ではありませんでした。

自分の周りでブログなどやっている人もいませんし、相談できる環境もない事で八方ふさがりの状態です。今はコツコツやるしかないですね。

新聞屋が果たしてどこまで出来るのか?

せっかく始めたはいいがとにかく誰にも読まれない為、これは何とかしなくてはなりません。

世間的に終わっている仕事に従事している現在、傍から見たらコイツ新聞屋のくせにブログかよ!というかそれよりもまず、検索で表示されないレベルですので誰にも気づかれない存在なのです(泣)

ただ調べてみると新聞屋でブログ作成をしている人はそれほど多くないみたいですね。まず50記事、100記事とやり進めてある程度の信頼みたいな物は獲得する必要はあります。

こんな自分でもやり続ける事で、もしかしたら状況が変わるかもしれない、新聞配達員が頑張っているんだから俺も出来るんじゃないかという所まで行きたいです。

新聞屋でこんな人間が一人位いてもいいと思うんです。

くだらないこと書いてるな、と気づいてくれる人がいたらそれだけでも嬉しいんですけどね。小さな目標でも掲げないとやはりブログって続かないものかもしれません。

とにかく新聞屋の代表?としてこの業界の闇についてしぶとく語って行きたいと考えています。

今後の目標

PV数とか収益の報告なんて事が書きたいです。

・まず記事を量産する
・写真や画像などを取り入れて見やすくする
・ブログを書く際の技法を上手く取り入る
・自分のブログを分析して対策を打つ
・ツイッター等の活用
ちなみにこれ何処かのブログにこんな様な事が出ていました。ですので希望ですね。
SNSなんか使えないし、カッコいい事いっててもしょうがないので、自分としては記事数を増やしていくしか今のところないです。
ブログの軸となる物も無い為、何だかピンボケしたようなサイトですが、記事を書きこんで何とか自分の物にしたいと考えています。
また次に良い報告が出来ればいいなと思っています。なんだコイツまだブログやってたんだと思われる位しぶとくやって行くのがとりあえずの目標です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました